本文へスキップ

株式会社ナガオシステムは、独自の微粉砕、分散、混合等の理化学機器を専門としたプロフェッショナル集団です。

TEL. 044-954-4486平日9時〜18時

〒215-0023 神奈川県川崎市麻生区片平1-9-30

???????

会社方針CONCEPT

会社方針

【ナガオシステムのビジネス】
電動機、回転電気、理化学機器、医療機器の製造、設計、販売。
電気及び機械の設計コンサルタントを行う。
主に理化学用小型回転機器に力を入れております。
他社と競合しない「ものづくり」で差別化。
弊社は装置と専用容器を取り扱っております。

研究、評価、実験は、
・(国)物質・材料研究機構
・(国)東京農工大学(和田正義研究室)
・(国)中部産業技術総合研究所
以上の協力を得ている。

自社で独自に開発し、特許取得した
・傾斜型遊星ボールミル
・3次元ボールミル(3次元リアクター)
以上は他社が真似できない製品。

現在
・JETRO
・中小企業基盤整備機構
・神奈川県
・川崎市
・タイ王国大使館
・TJPO、TAITRA
以上のご協力を得て販路拡大中。


【製品 技術 企業の強み】
自社で設計から特許取得まで行い、他社と競合しない「ものづくり」企業。
長年にわたって理化学用回転機器を手がけている。
回転運動を追及する企業。

【3次元ボールミル、3次元リアクター 使用用途と特長】

・ミクロン(マイクロメートル)粉砕、混合、分散
・ナノ粉砕、混合、分散
・非臨界運動(非供回り運動)を実現
・メカノケミカル反応
・メカニカルアロイング
・アモルファス
・乾式非凝集化粉砕、混合、分散(シングルピークを実現)
・湿式均一粉砕、混合、分散、乳化
・比重や粘性の異なる物質の混合に使用可能
(3次元リアクターとしての利用可能)

【3次元ボールミル(3次元リアクター)導入メリット】
・均一性向上による製造ロス(イレギュラー)削減。
・均一性向上によるイノベーティブ材料の創生。
・微細化、高均一混合による原材料費削減。
・製造時間短縮、人件費削減。
・既存装置では解決出来なった製造方法導入。(他社との差別化)


【傾斜型遊星ボールミル Planet M2-3F】
Planetシリーズは強い遠心加速度を一気にかけることで短時間での、 粉砕の可能性が非常に高くなります。 強い加速度は、メカニカルアロイング、メカノケミカル、アモルファス化の可能性もあります。

【弊社製品 主な利用分野一覧】

【3次元ボールミル(3次元リアクター)が解決可能な問題のご提案】

【3次元ボールミル(3次元リアクター)最近の装置使用例】
・3Dプリンター造形材の混合、分散。
 (セラミックスと樹脂の混合、分散など)
・エレクロニクス用導電性ペースト&インクの混合、分散。
 (例えば金属と樹脂の比重差のある混合、分散など)
・プリンター等の特殊インクの混合、分散。
 (例えば金属、ガラスと有機溶剤の混合、分散)
・バッテリー材料(正極材、負極材)、蛍光体、磁性体の混合、分散。
・熱変化に弱い医薬品、化粧品の混合、分散。
・複数の特殊溶剤のエマルション、混合、分散。
・熱成形型インモールドエレクトロニクス、混合、分散。
・電磁シールド、混合、分散。
・全固体電池材料の混合、粉砕。
・有機EL材料の混合、分散。

【製品の主な使用目的(粉砕、混合、分散など)】
・化粧品
・医薬品
・ガラス材料
・金属材料
・電池材料
・熱電材料
・冶金材料
・鉱物材料
・繊維材料
・液晶材料
・バッテリー材料
・セラミックス材料
・3Dプリンター材料
・自動車材料
・自動車部品材料
・塗料原料
・化学材料
・食品材料
・サプリメント
・ポリマー材料
・原子力材料
・接着材料
・粘着材料
・粉体塗装材料
・電極材料
・岩石材料
・エマルション
・アクリル等の化成品の均一混合
・エレクトロ産業向け導電性ペースト
・エレクトロ産業向け導電性インク
・銀ナノ粒子
・3D Anthena
・熱成形型インモールドエレクトロニクス
・ITP置換
・OLEDライト市場
・電子部品材料
・各種センサー
・プリンテッド薄膜トランジスタ
・電磁シールド
・有機EL材料
・その他

【なぜ?超微粒子が必要か?】


CEOメッセージ

3次元ボールミル(3次元リアクター)は無限の可能性を秘めた商品です。
高速3次元回転運動を利用した新素材の開発を一緒に考えましょう。
皆様の試験運転、問い合わせ等をお待ちしております。


会社沿革

1994年10月
稲城市東長沼にて有限会社ナガオシステムを設立
2004年4月
傾斜型遊星ボールミルを発表
2009年12月
3次元ボールミル(3次元リアクター)を発売
2010年4月
(国)物質・材料研究機構 つくば市千現と共同研究を開始。
2013年4月
芝浦工業大学 藤木研究室と共同研究を開始
2016年3月
タイ王国 キングモンクット大学ラートクラバーン校へ納品
2016年6月
バンコク アソーク事務所を開設
2017年4月
ホーチミン事務所を開設
2017年4月
東京農工大学工学部 和田正義研究室と共同研究を開始。
2018年1月
平成29年度神奈川県優良小規模企業者表彰」を受賞
 

バナースペース

株式会社ナガオシステム

〒215-0023
神奈川県川崎市麻生区片平1-9-30

TEL 044-954-4486
FAX 044-954-8258
E-mail fnagao@rose.plala.or.jp