本文へスキップ

株式会社ナガオシステムは、独自の微粉砕、分散、混合等の理化学機器を専門としたプロフェッショナル集団です。

TEL. 044-954-4486平日9時〜18時

〒215-0023 神奈川県川崎市麻生区片平1-9-30

???????

粉砕の原理、種類Principle & Types of Milling Mills

傾斜型遊星ボールミル Planet Q&A
LEAFLET




@従来の水平型遊星ボールミルと傾斜型遊星ボールミルの違いは?
傾斜することにより水平部と傾斜部の2軸のトルネード上に粉砕運動が起こり強いGを発生し、効率の良い粉砕が可能。(軸とゴム接触の為、水平型遊星ボールミルと比較し、軸への負担も軽減。)今まで粉砕出来なかったものが粉砕出来る可能性が高くなり、また粉砕時間短縮の可能性も高くなります。既存の水平型遊星ボールミルと比べ約数倍の破壊力が御座います。

通常の他社モデル水平型遊星ボールミル⇒ゆっくりとした粉砕で、長い時間をかける。

弊社傾斜型遊星ボールミルの特長⇒傾斜を生かした自転&公転の2方向からの強いGの衝撃力を与え約数倍の威力を発揮。


A強いGによる粉砕運動による問題点?
仕事量が多い為、熱が発生しやすい。標準装備の大型強力ファンを使うことによって熱の上昇を防ぐ効果があります。

B外周接触のゴムは磨耗しますか?
SBRのゴムを使用しているので摩擦に強いゴムです。使用頻度にもよりますが半年〜1年で交換されるお客様が多いです。車に例えるとタイヤの磨耗交換と考え下さい。ゴム接触を利点は音が静かで歯車やギヤの使用がない為、故障箇所が少ないのが特徴。SBRの外周接触ゴム在庫は常に御座いますので即納可能。

CPlanetシリーズの冷却ファン効果は?
Planetは従来の遊星ボールミルと比べて高いGが発生致します。高いGを発生するということはそれだけ熱を発生することになります。ボールミルの場合、逆に熱が発生しないということは衝撃力が弱いということになります。その熱によってSBRの外周接触ゴムが磨耗しやすくなり、容器内の物質の温度が一気に上昇して変化する場合があります。またジルコニア容器は熱伝導が悪いので、熱が篭りやすいという欠点があります。それを解決するのが冷却ファンになっております。

DPlanetで粉砕可能か調べて頂くことは可能ですか?
人体に影響のある危険物を除き、少量(50g程度)であれば可能です。少量(50g程度)のサンプルを送付して頂くか、もしくは神奈川県川崎市麻生区 小田急線柿生駅前に弊社の展示室が御座いますので、技術者と一緒に様々な機械を使い実験をして頂くことが可能です。実験結果により、機種・容器素材等の決定がしやすくなると考えます。ご連絡をお待ちしております。

EPlanetでどのようなものが粉砕可能ですか?
ハンマーで砕けるものでしたら、たいていの物は粉砕可能。砕けないものはペットボトル等の樹脂、食品ですと寒天等の粘りや伸びる素材です。しかし、液体窒素等で固くすると粉砕可能。Agなどの粘りのある金属の粉砕も粉砕方法によっては可能ですが、場合によっては粒度が大きくなる場合も御座います。

FPlanetでの粉砕実績は?
湿式ですと酸化チタンで10ナノ。乾式ですとサブミクロンクラスまでの粉砕が可能でした。

Gどういう物質がPlanetでの粉砕に向きますか?
少量での粉砕なので、高付加価値製品の粉砕がメリットが高いかと思われます。


HPlanetの無償貸し出しはありますか?
申し訳御座いませんが、無償・有償共に貸出(リース)は行っておりません。弊社展示室にての技術担当者と使用のみとなっております。


【傾斜型遊星ボールミル Planet M2-3F】
垂直型遊星ボールミルは公転、自転が同方向の水平だけの遠心加速度に比べて、弊社の傾斜遊星ボールミルPlanetは水平加速度(公転)と異なる傾斜方向の傾斜加速度(自転)を印加する事で数倍の運動能力があると言われている。
容器容量:PE容器(近畿容器No.12)120ml、ジルコニア容器80 ml 2個架け
最大処理容量:PE容器で1個当り80ml/200g、ジルコニア容器50ml/200g( 2個架け合計 100ml/400g )
容器材質種類 粉砕用:ジルコニア・アルミナ・ステンレス・タングステン他
分散混練用:PE・テフロン
媒体ボール 粉砕用:ジルコニア(推薦)・アルミナ・SUS・タングステン 分散混練用:テフロン・ジルコニア・アルミナ
駆動モータ:300W DCブラシレス
ファン:160角大型ファンT-MRS16-BUL-G
自転駆動:SBR添加ゴム外周傾斜接触方式
安全装置:過負荷自動停止 回転時ドアロック 感震遮断機(オプション)
最大公転回転:900rpm (公転加速度:81.5G)
公転自転回転比:公転回転数:自転回転数= 1: 2.5
最大自転回転:2,250rpm (自転単体加速度:170.5G)
試料印加加速度:公転900rpm時:252G 公転600rpm時:112G 公転300rpm時:28G
外形寸法:W260×D260×H340mm
本体重量:13kg
電源容量:AC100/115V 5A(AC200/220/240V等はダウントランス対応)
オプション使用にて、

・遠心分離機
・脱泡混練機

としての使用も可能。


【傾斜型遊星ボールミル グローブBOX仕様 Planet Min(-F)】
垂直型遊星ボールミルは公転、自転が同方向の水平だけの遠心加速度に比べて、弊社の傾斜遊星ボールミルPlanetは水平加速度(公転)と異なる傾斜方向の傾斜加速度(自転)を印加する事で、従来の水平型遊星ボールミルと比較し数倍の運動能力があると言われている。グローブBOX投入バージョン。
容器容量: ジルコニア容器80 ml 2個架け (PE容器{近畿容器No.12}120ml、も可)
最大処理容量:ジルコニア容器50ml/200g( 2個架け合計 100ml/400g ) PE容器では1個当り80ml/200g
容器材質種類 粉砕用:基本ジルコニア 他アルミナ・ステンレス・タングステン 分散混練用:PE・テフロン
媒体ボール 粉砕用:ジルコニア(推奨)・アルミナ・SUS・タングステン 分散混練用:テフロン・ジルコニア・アルミナ
駆動モータ:300W DCブラシレス
ファン:160角大型ファンT-MRS16-BUL-G
自転駆動:SBR添加ゴム外周傾斜接触方式
安全装置:過負荷自動停止
公転自転回転比:公転回転数:自転回転数= 1:2.5
最大公転回転数:900rpm (公転加速度=1.119×公転半径mm×公転回転数2×10-6=81.5G)
最大自転回転数:2,250rpm(自転単体加速度=1.119×自転半径mm×自転回転数2×10-6=170.5G)
加速度:公転G+自転G(公転900rpm時:252G・公転600rpm時:112G・公転300rpm時:28G)
本体寸法:ファン有Planet Min-F W205×D205×H325mm 重量:8kg
ファン無:Planet Min W205×D205×H245mm 重量:6.5kg
操作BOX:W260×D230×H80mm 重さ:2kg 本体へのケーブル長さ1.8m
結合:メタルコネクター
電源容量:AC100/115V 5A(AC200/220/240V等はダウントランス対応)
オプション使用にて、

・遠心分離機
・脱泡混練機

としての使用も可能。


【従来の遊星ボールミル】
・自転と公転回転軸が平行になっている。
・自転と公転が同方向の水平だけのゆっくりとした遠心加速度。
・容器は自転固定軸の1点で力を受ける。(軸が過負荷になる。)
・自転と公転回転による横と横の1軸運動で上下の運動が少ない。
・よって粒子の動きが少なく、衝突の動きも少ない。

【ナガオシステム 傾斜型遊星ボールミル(Planetシリーズ)】
・自転(傾斜)と公転(水平)の回転軸が2方向である。
・回転軸が2方向の特性は従来より約数倍の遠心加速度が発生。
・容器は公転固定軸と自転接触ゴムの2点で力を受ける。(軸が過負荷にならない。)
・自転(傾斜)と公転(水平)の二軸運動でトルネード運動が発生し高衝撃力となる。
・よって粒子の動きが大きく、強衝撃力。


短時間で強いG(衝撃力)を発生させる傾斜型遊星ボールミル(Planetシリーズ)は従来困難とされていた
・粉砕
・メカニカルアロイング
・メカノケミカル
・アモルファス
などを可能にしました。



このページの先頭へ

バナースペース

株式会社ナガオシステム

〒215-0023
神奈川県川崎市麻生区片平1-9-30

TEL 044-954-4486
FAX 044-954-8258
E-mail fnagao@rose.plala.or.jp